種まきの時期について|キクの正しい育て方学んで正しく綺麗に育ててみよう

植物にはそれぞれに適した種まきの時期がある

種まきは時期が大事

植物の正しい育て方を学んでいくうえで種まきの時期を学ぶことはとても重要です。種まきには春まきと秋まきがあり、それぞれ適した植物が異なってきます。また初心者や上級者など向いている人も異なってくるので注意が必要です。

種まきの時期について

フラワー

時期を気にしよう

ガーデニングを始めるとき、種をまく時期なんてどの植物も一緒だと思っていませんか?実は植物にはそれぞれ発芽に適した温度というものがあり、それによって種をまく時期も変わってきます。

春まき

種まきには春の時期にまく「春まき」と秋の時期にまく「秋まき」の2種類があります。まず春まきについてみていきましょう。春まきにあたる時期は4月から7月までとなっています。この時期はかなり温暖な時期になるので失敗することが少なく、ガーデニング初心者にぴったりな時期だと言えます。

春まきに向いている植物

春まきに向いている植物は発芽適温が20度ぐらいのものが向いていると言われています。例えばキクやマリーゴールド、ベゴニアといった植物がそれにあたります。また夏にピッタリのひまわりもこの時期に種をまくといいと言われています。

秋まき

春まきに比べると期間の短い秋まき。時期的には9月から10月までとなっています。時期が短いこともあって春まきよりは上級者向けとなっており、初心者が挑戦すると失敗してしまうことも少なくありません。

秋まきに向いている植物

上級者向きと言える秋まきの時期は発芽適温が15度から20度ぐらいの植物の種をまくのに適しています。例えばパンジーやビオラ、デイジーなどの植物がそれにあたります。